腸脛靱帯炎(ランナー膝)


なかなか治らない膝の外側の痛みでお悩みの方へ

腸脛靱帯骨盤の横から膝関節を過ぎて脛骨までつながる腸脛(ちょうけい)靱帯という組織があります。これは骨盤の腸骨から脛骨につながる筋肉と靱帯で、膝関節の部位において摩擦が強すぎて炎症が起こり痛みが長引いてしまいます。ランナー膝とも呼ばれたりしますが、例えば庭仕事で膝をついて作業を長時間していたり、旅館の仲居さんのようにお座敷で膝をつく動作が多い方にも見られる症状です。初期はランニングなどの後に圧痛がありますが休むと消えます。しかしランニングなどを続けていると痛みがなかなか消えなくなり慢性化してしまいます。膝の「使いすぎ」によって悪化する症状なので安静にする必要がありますが、ストレッチや骨盤矯正によって改善を目指しましょう。

膝の痛みの原因はいろいろありますが、以下の3点が確認出来る場合は腸脛靱帯炎でしょう。

  1. 膝の関節の外側が痛い
  2. 長距離走者である。(もしくは膝の曲げ伸ばしが多いなど、膝に負担のかかる職業についている)
  3. X線写真では骨に異常なし

当院の患者さんで腸脛靱帯炎が疑われる方のお話を聞くと下記のような要因があるようです

  • 脚長差があり左右のバランスが悪くて腸脛靱帯が固い
  • 同様の理由で殿筋(お尻の筋肉)が固い
  • O脚のため腸脛靱帯が膝の外側でこすれやすい
  • 膝の屈伸動作が多すぎる(マラソンランナーなど)
  • 衝撃吸収性能が悪い靴を履いて長時間走ってしまった
  • トレイルランニングなど、凹凸の激しい場所を走ってしまった
  • 膝の前十字靱帯損傷の既往歴があり、元々膝関節が不安定
  • ロードバイクなどで長距離走った

腸脛靱帯炎を発症しやすいスポーツ:長時間にわたる屈伸運動や強い衝撃が加わりやすいもの

長距離走・トレイルランニング・自転車競技・バスケットボール・バレーボール・サッカー

腸脛靱帯炎の症状

  • 膝関節の外側に大腿骨外顆と呼ばれる出っ張りがあり、そこが痛い(初期)
  • 膝の外側だけではなく、脚の外側が全体的に痛い
  • ランニング中、膝から下を前に降り出す動作時に痛い
  • 膝の屈伸時にパキンパキンと繰り返し音がする

こうした症状や特徴がある膝関節外側の痛みにお悩みの方、腸脛靱帯炎は脚長差の原因でもある骨盤の歪みやそれに伴う筋肉の過緊張によっても起きますので根本的に改善させたい場合はいつでも当院にお問い合わせください。

当院での対処法

急性の場合:骨盤、背骨、膝関節へのアジャストをおこない、下肢への負荷が左右均等になるよう調整します。アイシングやストレッチのやり方についても指導し、自宅でのセルフケアもおこなってもらいます。腸脛靱帯炎は基本的に膝の屈伸が多すぎることによって起きるため、膝を使いすぎる動作を意識的に抑えてもらいます。

急性期を過ぎてある程度痛みが落ち着いた後:大腿四頭筋、ハムストリングや股関節の外転筋である腸脛靱帯と殿筋の筋膜リリース、骨盤矯正による脚長差の調整を行い、自宅でのストレッチを継続してもらいます。

 

 

 エキテン

関連記事

コメントは利用できません。

営業カレンダー

ピックアップ記事

  1. 繊維筋痛症
    かなり慢性的な全身の鈍い痛みをなんとかしたい 症状:全身の慢性的なだるい痛み 年齢・…
  2. TFCC損傷
    手首の関節(手関節)のねんざには色々なパターンがあります。手関節をひねったり、転んで手をついた時に外…
  3. ボルダリング
    肩関節、肩甲骨、股関節の動きが良くなった例 症状:腕や脚をあげる時に動かしにくい角度が…

電話予約・お問い合わせ

ご予約はお早めに【営業時間】10:00~20:00(平日)・ 10:00~18:00(土日) 【休業日】木曜・祝日

KAWAEカイロ・口コミ

パパママ応援ショップ お友達募集

過去の記事/月別

ページ上部へ戻る