顎関節の痛みでお悩みの方


顎の痛みで来院される方が最近増えています。

元々頭痛持ちだったり、ムチウチ症の既往歴があったり、繊維筋痛症がひどくなって顎の関節周りが痛くなっているケースをよく見かけます。顎関節や周囲の筋肉に起こる痛みなどを「顎関節症 (TemporoMandibular Disorders: TMD)」と呼び、交通事故によるムチウチ症や頭部を強くぶつけたり殴られたりすることで頭部や頸部の筋肉が負傷し、顎関節の痛みに繋がっている事があります。他にも顎関節症の代表的な原因として以下のようなものがあります:

  • 歯の食いしばりや歯ぎしり:顎関節に強い負荷がかかる
  • 顎関節内の軟骨の異常:脱臼など
  • 顎関節そのものの変形:変形性関節症
  • 精神的ストレス:表情筋、顎を動かす筋肉、首肩の筋肉全般が固くなり、歯の食いしばりも増える

これらの原因によって顎関節痛、頭痛、首の痛み、口を開け閉めしにくい、顎関節からいつもポキッと音がする、などの症状が現れるのですが、顎関節症の症状を改善させる手段としてカイロプラクティックが効果的です。

顎関節症の患者さん15名を対象にして行われたケーススタディでは、背骨(頸椎・胸椎)のアジャストメント、トリガーポイントセラピー、顎関節のモビリゼーションを2週間に渡っておこなったところ、顎関節の痛みや可動域が有意に改善しました。このようなケーススタディは多数発表されていますが、もちろん噛み合わせの悪さや関節の変形などを手技療法で治すことはできません。当院の患者さんでも当初は頭痛や肩こりがひどいという事で来られていましたが実は噛み合わせが悪かったり、歯が痛くて片側の歯しか使っていなかったという事が分かり、歯科の先生に相談するようすすめたケースもあります。カイロプラクティックなど手技療法のみでは治せない顎関節症もありますが、改善を見込めるケースもありますので顎関節の痛みなどでお悩みの方はご相談下さい。

参照:

  • Brantingham, JW et al. Manipulative and multimodal therapy for upper extremity and temporomandibular disorders: a system literature review. Journal of Manipulative and Physiological Therapeutics 2013; doi:10.1016/j.jmpt.2013.04.001.
  • Von Piekartz H, Hall, T. Orofacial manual therapy improves cervical movement impairment associated with headache and features of temporomandibular dysfunction: A randomized controlled trial. Manual Therapy 10 (1016).

エキテン

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

営業カレンダー

ピックアップ記事

  1. 繊維筋痛症
    かなり慢性的な全身の鈍い痛みをなんとかしたい 症状:全身の慢性的なだるい痛み 年齢・…
  2. TFCC損傷
    手首の関節(手関節)のねんざには色々なパターンがあります。手関節をひねったり、転んで手をついた時に外…
  3. ボルダリング
    肩関節、肩甲骨、股関節の動きが良くなった例 症状:腕や脚をあげる時に動かしにくい角度が…

電話予約・お問い合わせ

ご予約はお早めに【営業時間】10:00~20:00(平日)・ 10:00~18:00(土日) 【休業日】木曜・祝日

KAWAEカイロ・口コミ

パパママ応援ショップ お友達募集

過去の記事/月別

ページ上部へ戻る