骨盤以外にも歪みの原因がある


内股から腰痛へ内股とO脚と腰痛

骨盤など体幹の歪みが腕や脚にも影響を及ぼすわけですが、逆に身体の末端、四肢の方から体幹へ歪みを伝えてしまうケースもあります。例えば内股歩きのクセがある場合。内股でない人が実際に立って内股になってみると分かりますが、膝のお皿が内側に回り、大腿が内側へ回ってしまうのが実感できます。大腿が内側に回るとそれと連携して骨盤が自然に前傾してしまい、そのバランスを取るために脊柱、特に腰椎の弯曲(前弯)が大きくなってしまいます。

脚(大腿)を内側に回すための筋肉や骨盤を前傾させる筋肉が固くなると脚の付け根の前の部分が痛くなりやすく、これは当院の患者さんにも良く見受けられる症状です。妊婦さんにも多いですね。また、内股のクセがある人は両膝の間の隙間が大きいいわゆるO脚であることがほとんどです。O脚の方は大腿が内側に回って膝のお皿も内側に回ってしまい、骨盤が前傾した状態になり、腰が反りすぎて腰痛へと繋がっていくこともあります。

このように立ち方によって歪みが体幹の骨盤へと伝えられてしまうのを改善するためには、骨盤矯正だけではなく下肢の矯正も必要になってきます。いくら骨盤の前傾を直しても、内股の立ち方のクセがある限り再び骨盤が前傾して反り腰による腰痛が再発することになります。

関連記事

コメントは利用できません。

営業カレンダー

ピックアップ記事

  1. 繊維筋痛症
    かなり慢性的な全身の鈍い痛みをなんとかしたい 症状:全身の慢性的なだるい痛み 年齢・…
  2. TFCC損傷
    手首の関節(手関節)のねんざには色々なパターンがあります。手関節をひねったり、転んで手をついた時に外…
  3. ボルダリング
    肩関節、肩甲骨、股関節の動きが良くなった例 症状:腕や脚をあげる時に動かしにくい角度が…

電話予約・お問い合わせ

ご予約はお早めに【営業時間】10:00~20:00(平日)・ 10:00~18:00(土日) 【休業日】木曜、第2・第4日曜

KAWAEカイロ・口コミ

パパママ応援ショップ お友達募集

過去の記事/月別

ページ上部へ戻る