側弯症による背中の痛みを改善


カイロプラクティックで一定の効果があります

肩こりや肩甲骨の間の詰まり感がひどい10代後半の女性患者さんのケース

APchest

これはご本人のX腺画像ではありません。類似しているものをこの記事用に用意しました。

病院で撮影したX線写真(AP/Lat)を持参していただけたのでコブ角や脊椎の回旋の度合いなどが良く分かりました。左の画像はこの患者さんの状態に非常に良く類似している側弯症のケースです。骨盤のX線写真はありませんでしたが、触診をしてみると骨盤にもねじれ・傾きがあり、右側仙腸関節に気になるゆがみがあります。右脚が約1.5cm短い状態でした。腰の痛みはそれほどひどくはなく、やはり背中の上と肩周りが一番気になる様子。

第1胸椎と第7胸椎間に左側が山になるような軽めの側弯があります。このような側弯をまっすぐに直す事は残念ながら出来ませんが、側弯の周囲には必ず筋肉の硬結や動きの悪い関節があり、そこへカイロプラクティック的にアプローチします。X線写真でサブラクセーション(ゆがみ)の傾きやねじれ角は分かっているのでそれを正す方向にアジャストし、筋肉の硬結(コリ)をトリガーポイントセラピーなどでほぐしていきます。もちろん運動療法も大事なのでバランスボールなどを用いて脊柱にできるだけ動きを加えたり、脊柱周りの筋肉をストレッチするやり方を学んでいただきます。脊柱の土台である骨盤にもゆがみがあるので右側仙腸関節のサブラクセーション(リスティングはPI-IN)をアジャストしました。

こうした一連の施術を1回受けるだけで側弯症からくる肩こり・背中の痛みが消えるということはまずありません。しばらく通っていただく必要があります。この患者さんの場合は計12回通っていただいた後、病院で再度検査してもらったところ、コブ角が減少していました。X線写真上のコブ角の変化が小さいものの場合は誤差の可能性もありますが、この患者さんの背中痛の度合いは10点のペインスケールで、初回来院時の8/10から2-3/10へと減少。運動部に所属しているので腕や肩の動きが良くなったと喜んでいただけました。側弯はおそらくそこにあり続けるから筋肉や関節の痛みがひどくなる前に定期的に通うようにお伝えし、今ではだいたい月1回のペースで通っていただいています。

先天性、外傷性、麻痺性などの側弯症で、脊椎の形状自体に異常がある場合は手技療法でどうにか出来る物ではありません。それに対して特発性側弯症や機能性側弯症など、脊椎の形状に問題はないけれど、姿勢の悪さや他の部位の痛みを避けるために身体を曲げている事からくる側弯症や、何だか原因がよく分からないけど側弯症がある、というケースについては身体のバランスをカイロプラクティック的に改善することで痛みなどの症状に改善が見込めます。エキテン

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

営業カレンダー

ピックアップ記事

  1. 繊維筋痛症
    かなり慢性的な全身の鈍い痛みをなんとかしたい 症状:全身の慢性的なだるい痛み 年齢・…
  2. TFCC損傷
    手首の関節(手関節)のねんざには色々なパターンがあります。手関節をひねったり、転んで手をついた時に外…
  3. ボルダリング
    肩関節、肩甲骨、股関節の動きが良くなった例 症状:腕や脚をあげる時に動かしにくい角度が…

電話予約・お問い合わせ

ご予約はお早めに【営業時間】10:00~20:00(平日)・ 10:00~18:00(土日) 【休業日】木曜・祝日

KAWAEカイロ・口コミ

パパママ応援ショップ お友達募集

過去の記事/月別

ページ上部へ戻る