妊娠中の骨盤ケア


妊娠中はマタニティカイロでしっかり骨盤ケアを受けましょう

なぜならお腹の中の赤ちゃんが成長するにつれ、お母さんの身体は構造的な変化やホルモン分泌の変化の影響を受けて腰痛などがおこりやすくなるからです。

  • お腹が大きくなると重心が前に移動し、腰椎のカーブが強くなって腰痛が起こりやすい!
  • ホルモンの影響を受けて関節がゆるくなると、妊娠前と比べて骨盤のゆがみが起こりやすくなる
  • 反り腰と猫背がひどくなり、筋肉が固くなる

こうした変化が妊婦さんによく見られますが、骨盤のゆがみをアジャストしてバランスを整えることで妊娠中に起きる身体の変化に対応しやすくなります。つまり骨盤のゆがみを矯正すると腰痛などの症状をやわらげる事ができますし、臨月に起こりがちな急性腰痛を防ぐことも可能です。骨盤のねじれが大きいままだと赤ちゃんがスムースに動きにくく、逆子のままとなりやすいので妊娠中期頃からのマタニティカイロをおすすめします。

妊娠中にマタニティ・カイロを受けると得られる利点

  • 妊婦さん特有の腰痛を軽減
  • つわりに伴う肩こりや腰痛の緩和
  • 骨盤のゆがみを矯正しておくことでお産を楽に
  • 体形の変化による腰痛・肩こり・首の痛みなどを緩和
  • 逆子のままで帝王切開になってしまう可能性を低減

妊娠中期まで特に腰痛などが無かった妊婦さんでも、臨月に入ってから急に骨盤周りの痛みにおそわれる事があります。お腹が大きくなった状態で歩くのもつらいほど腰痛がひどいケースだと施術も難しくなってしまいますので、つわりが治まって安定期に入ったら一度骨盤のゆがみチェックにお越し下さい。

参照Journal of Manipulative and Physiological Therapeutics 2002;25:402

 

 

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

営業カレンダー

ピックアップ記事

  1. 繊維筋痛症
    かなり慢性的な全身の鈍い痛みをなんとかしたい 症状:全身の慢性的なだるい痛み 年齢・…
  2. TFCC損傷
    手首の関節(手関節)のねんざには色々なパターンがあります。手関節をひねったり、転んで手をついた時に外…
  3. ボルダリング
    肩関節、肩甲骨、股関節の動きが良くなった例 症状:腕や脚をあげる時に動かしにくい角度が…

電話予約・お問い合わせ

ご予約はお早めに【営業時間】10:00~20:00(平日)・ 10:00~18:00(土日) 【休業日】木曜、第2・第4日曜

KAWAEカイロ・口コミ

パパママ応援ショップ お友達募集

過去の記事/月別

ページ上部へ戻る