座骨神経痛のいろいろな原因

  • 投稿:2014/11/27
  • 座骨神経痛のいろいろな原因 はコメントを受け付けていません。

座骨神経痛は背骨や骨盤の状態が悪くなることによって座骨神経への刺激が発生して起きる症状です。座骨神経は人間の身体の中で最大の直径と長さを持つ神経で、腰椎から始まって殿部を通過し膝の裏で2つに分岐して別な名前に変わります。椎間板ヘルニアなどで圧迫されたり刺激を受けることで腰痛・殿部痛と共に脚の裏側に拡がる痛みが発生します。

椎間板ヘルニアが座骨神経痛の主な原因ではありますが、他にも原因があることが知られています。

怪我: 例えば骨盤の骨折によって座骨神経が圧迫を受けてしまうことがあります。他にも太腿の後側にある筋肉であるハムストリングが肉離れを起こして炎症が起こればすぐ側を通る座骨神経を刺激することになります。

腫瘍: 座骨神経を圧迫する位置にある程度の大きさの腫瘍があれば座骨神経痛につながります。

婦人科系の症状: 子宮内膜症や卵巣膿腫などで座骨神経が圧迫・刺激されて痛みが発生するケースがあります。当院の患者さんに多いのが妊娠に伴う座骨神経痛ですね。子宮内膜症に伴う座骨神経痛は周期的に起きる特徴があります。

梨状筋症候群: これも当院の患者さんに多く見られる座骨神経痛の原因の一つです。殿部の筋肉の一つである梨状筋が骨盤のゆがみなどで固く緊張した状態が続き、そのすぐ下を通る座骨神経が圧迫・刺激されて痛みやしびれ感がでてしまいます。

参照: Ailianou A, Fitsiori A, Syrogiannopoulo A, et al. Review of the principal extra spinal pathologies cause of sciatica and new approach by MRI. The British Journal of Radiology 2012.

 エキテン

関連記事

コメントは利用できません。

営業カレンダー

ピックアップ記事

  1. 繊維筋痛症
    かなり慢性的な全身の鈍い痛みをなんとかしたい 症状:全身の慢性的なだるい痛み 年齢・…
  2. TFCC損傷
    手首の関節(手関節)のねんざには色々なパターンがあります。手関節をひねったり、転んで手をついた時に外…
  3. ボルダリング
    肩関節、肩甲骨、股関節の動きが良くなった例 症状:腕や脚をあげる時に動かしにくい角度が…

電話予約・お問い合わせ

ご予約はお早めに【営業時間】10:00~20:00(平日)・ 10:00~18:00(土日) 【休業日】木曜・祝日

KAWAEカイロ・口コミ

パパママ応援ショップ お友達募集

過去の記事/月別

ページ上部へ戻る